Lesson

– レッスンについて –

英語をやさしく、たのしく。

英語学習の初期段階においては、様々な体験やゲームを通して文字を認識し、その文字と音を結びつけられるようにします。
子どもたちは自然に音をとりこみ、
学習を重ねるうちに自分たちで発言が出来るようになっていきます。

それぞれの文字が表す音をしっかり認識できるようになると、
子どもたちは自分で言葉を組み立てることが出来るようになり、
だんだん読む力も身に付いてきます。
文字が読めた時の子どもたちの嬉しそうな顔をみると、
大人もにっこり!

魔法の勉強法、フォニックス!

フォニックス(Phonics)は、英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発された指導法です。 英語の「スペリング(つづり)」と「発音」の間にある法則を学ぶことで、英語の正しい読み方をマスターできる、いわば「耳から覚えて手で書ける」教育法です。

kids_lesson

CAKEはどうして「ケーキ」なの??

alphabet

cakeという単語は、どうして「カケ」ではなく「ケイク」と読むのでしょうか? 実は、英単語のつづりにはローマ字とは別の法則があります。make(メイク), like(ライク), はたまた page(ペイジ)なども、同じつづりの法則にのっとって発音されます。これらの単語は、語末に e があることで、その前の a i などの母音が長母音になるのです。
このような英単語と発音の法則(フォニックスを早い段階から学ぶことで、話している言葉と、目で見ている単語がむすびつき、効率的に「読む・話す」を身につけていくことができます。

お問い合わせは下のリンクをクリック!

まずはお問い合わせを!